金属3dプリンターによる物作り

金属3dプリンターは、開発や設計、生産をおこなう上でメリットが多いです。まず、3dモデルデータから1プロセスで造形が可能なので、試作や開発に必要な部品の入手が速やかにおこなわれ、完成までの時間を大幅に短縮できます。次ぎに、物作りは金属粉末での造形になるので、これまで必要だった素材の加工や組み立ては不要になります。素材加工が不要なので、生産ラインの大幅な縮小も可能です。また、金属粉末での物作りは複雑な造形が可能なので、設計段階での自由度が増します。組み立てにおいては、部品点数の減少や一体成形が可能なので部品の強度増大などができ、コスト削減につながります。さらに、部品を一点作る時も多数作る時も、1個あたりに掛かるコストは同じです。当初、金属3dプリンターは試作向けと言われてきましたが、生産を見据えた機器として捉えられています。

金属3dプリンターでオリジナル作品を作る

最近金属3dプリンターの話題があがっています。3Dの話はよく聞きますが、金属を3Dに加工するので本物と大差無く作成することができます。通常の3Dプリンターは専用の樹脂を加工して作成するので、形は同じですが機能は全く違います。一方、金属3dプリンターの場合は金属を加工するため、機能も精度を高めることができます。原材料が金属になっているので、色々な分野で応用がきき、技術の活用がされています。例えば、車のブレーキであったり、医療の手術機器や飛行機、電車、バス等の公共機関の動作検証として、金属3dプリンターで作成し、正常に機能するか動作検証します。このように検証用として幅広く応用がきくため、今後の技術の進歩の各段に早くなると言われています。技術が進んでいくと個人でも一般的に使用することができる日も来ます。

金属3dプリンターを色々と知りたいです

現在の景気刺激策は、改革が裏目に出た面があります。「新常態」は開発投資で景気を引っ張る手法から、消費中心の経済構造への転換を目指しています。政府は株式相場の活況が個人消費増への近道と考え、金融緩和に加え、マスコミも使って闘志を推し進めてきました。工業製品の技術革新は著しく、金属3dプリンターで金属を用いての造型が容易になってきています。技術の進歩で、狙い通り工業系株価は上昇しましたが、闇の信用取引という副産物がバブルを膨らませ、結局、相場は頭打ちになっています。中国当局の株価対策で今は小康状態ですが、個人消費を冷え込ませる一因になっています。住宅ローンの条件緩和や地方債発行の後押しなどに加えて、最近は高速鉄道など成長分野に相当な額の資金を配分すると発表しました。リーマンショック直後にも、数兆元の景気刺激策を行ったのですが、地方政府が過剰な投資に走り、巨額の債務を残しました。今日の景気下支えも、伝統的な公共投資頼みの色が非常に濃いです。

100社160台以上の販売・導入・保守実績。日本唯一の3DSYSTEMSプラチナリセラーです。 100社160台以上の3Dプリンター導入実績。 金属3Dプリントの拠点地は横浜市都筑区です。 2015年全世界のトップに選出されました。 金属3Dプリンター8台保有。 弊社はものづくりの支援として、3Dの販売やレンタルに関する事業を行っております。 金属3dプリンターならSOLIZE Productsへお任せ